続 西日本旅。

車をフェリーに乗っけて夜の出航で人生初の四国へ。

 

 

夜の船旅も初めてで、デッキに出れば

流れ星も見えるくらいの澄んだ星空で夜風にあたりながら暫くに間、

ベンチに横になって眺めた。

 

そして翌朝から

130年前に丹下一族が住んでたとされる松山へ行ってみる事にした。

明治時代以降に市町村合併が進み、市役所に問い合わせても昔の住所は細かくは分からず、おそらくここに居たであろう場所へ。

 

そこはお遍路さんの一角だった。

もしかしたら『丹下』さんの表札を見つけられるか?と淡い期待を持ってみたが

残念ながら出会えなかった。

 

親父の話では本家の『大丹下』と言われる方たちが必ず居るとの事なので、いつかまた探してみたい。

 

 

そして兵庫県の『マイスター大学堂』さんへ。

やはりお店の前に立つと、緊張の糸がピンっと張る。

そして新型を見せる時は久利さんの審美眼にビビる。

 

けれど今回の新型は評価してくれたと思う。

以前にデザイン論で自身の葛藤を吐露をした際に

「売れる事は悪い事ではない。」という言葉を貰った事がある。

その言葉は妙に納得し、今でも残っている。

 

 

そして「達者でな!」と店を後にして、京都の『タカノ』さんへ。

新型2型をお見せして「面白いです。」と言って頂けて

ホッとした。

 

そして店を出る際にstudioskyrocket専用のコーナーが設けられている事を知った。

手作り感『studioskyrocket応援しますどすぇ~っ!!』の陳列を見て、嗚咽してむせび泣きそうになった。

 

そして「お達者で!!」と店を後にして鯖江に帰った。

 

今回の西日本の旅はオシマイ。

2021年11月14日 4:52 PM  |  カテゴリー:眼鏡店舗,展示会,旅日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です