出す基準。

新型の『LO』の仕上げの段階に入ってきた。

 

 

デザインで立ち止まった時、製作で逡巡している時、

上手くいくのか不安な時に見返す映像がある。

 

料理人の山本征治さんと奥田透さんの『ふたり』という

何年も前に放送されたドキュメンタリーだ。

 

山本さんと奥田さんが『天然の大うなぎ』をどこまで高められるのか

それぞれの考えで調理し、答えを出していくのだが、

 

その中で山本さんの言葉が未だに僕の中で残っている。

それは弟子に盛り付けについてやり直しを指示している場面で

 

「お前が想いを持ってその料理屋に行って この料理が出てきたらお前許せるか。」

という言葉だ。

 

 

この言葉の意味が『studio skyrocket』の検品の基準になっている。

そして『LO』も検品をしながら『大丈夫だ』という想いになっている。

 

 

 

さぁ もう少しだ。やろう。

2019年8月29日 11:56 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です