紫の事。

以前、なぜ昔の人は『紫』を高貴な色としたのか?

という事を書いた。

 

その時のブログはこちら。

 

高貴な色とするなら、波長の最も強い色の『赤』が良いのではないかと思った。

 

先週末、花の手入れをしていた。

涼しくなってきたのか四季咲きの花が咲きだした。

 

そして今年からミニ薔薇も植え始めたので、小さな花も群がり咲き始めた。

『白』、『赤』、『黄』、『ピンク』の花弁。

そして葉の『緑』、枝の『茶』。それだけでも綺麗だったと思う。

 

 

その中で別種の花が咲いた。

『紫』の花だった。

 

全体を俯瞰して見てみた。

調和が生まれてる感覚があった。

 

全体をまとめる事が出来る色。

だから昔の人は『紫』を高貴な色としたのかもしれないと思った。

 

僕の感覚なので間違ってるかもしれないが、まぁ書いてみた。

さぁ明日も作業をしよう。

2019年9月23日 11:25 PM  |  カテゴリー:花日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です