形成15。

キクチ眼鏡学校の専攻科は2年間で修学する。
2年目入り、就職の事を考えなくてはならなくなってきた。

 

僕はデザインがしたかったので、鯖江のメガネの会社に行きたいと思っていた。

しかし周囲の人たちは小売店での就職を勧めてきた。

 

周りは

「鯖江のメガネは斜陽産業だ。

もし鯖江いって貴方の希望するブランドをやれるか分からないし、

出来たとしても維持させる事も困難だろう。

それよりかは今学んだ事を活かせる小売店に勤めてはどうか。」という話だった。

 

ごもっともな意見だと思った。

 

そんな中、僕の希望を話していた同級生の平岩君から

「実家が加盟している愛知の眼鏡組合で、鯖江で『体験メガネ作り』があるから一緒にいかないか?」と誘ってくれた。

 

僕は「行ってみたい。」と告げた。

 

暫くしてから鯖江の会社からメガネのデザインをする為の用紙が届いた。

僕は描いた。それは楽しい物だった。

 

 

初めてメガネとしてデザインした。

そして初めて鯖江に行くことになった。

 

2021年6月22日 7:30 AM  |  カテゴリー:studioskyrocketが形成されるまで

太陽が昇る頃、studioskyrocketの製作ではない

ヤングな巨匠たちの作るメガネの

荒ぶるパッションは崩さないように、粗ぶる所を修正している。

 

 

 

ヤングの才能は摘まないように磨こう。

 

2021年6月18日 7:01 AM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

もう10数年前から糸ノコでメガネを作っていない。

 

今回、必要があって

板の状態の生地からデザインを張り付けて糸ノコでメガネを作れるか確認している。


やはり腕はまだ覚えていて、作れるみたいだ。

 

レンズをはめ込む為のV溝も昔ながらの方法で入れる事が出来た。

 

何とかして自分のデザインした一点物のメガネを作りたいと

練習していた頃をふと思い出した。

 

たぶん僕が高校生だった頃に流行った曲を聴きながら
もう少し他の工程も思い出そうとしている。

 

 

 

 

2021年5月14日 8:57 PM  |  カテゴリー:製作日記,私事