なるほど!ザ・ワールド2017

8日(土)に放送された『なるほど!ザ・ワールド2017』の内で

俳優の生瀬勝久さんが、

『MEGATON!』を掛けて下さっていました。

 

 

 

 

今回の事で、多くの方に

『studio skyrocket』を知って頂けたら、とても嬉しいです。

 

 

着用して頂いていたモデルは

『MEGATON!」のcol.02です。

 

 

さぁまた頑張ろう。

 

 

2017年4月9日 9:27 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketの眼鏡達

熊本の『VISIO』様で購入された、

『OOGA』をお使いのお客様が、衝撃をうけて

フレームが破損してしまったので修理して欲しいと連絡があった。

 

届いて確認してみると

IMG_0309[1]

「あちゃ~。こりゃ大した衝撃だ。」

 

話は少し変わりますが、

僕が小売店で勤めていた時に、

『修理』が課題だと感じていました。

 

その1つは『修理』を依頼しても、

お客様へお渡しするまでに『時間』を要していた事。

 

 

そこから『studio skyrocket』は

購入して頂いたお客様へのアフターサポートは

重要な事だと考えています。

 

 

出来れるだけ早く、美しく仕上げて

お客様の元へ返す。

 

 

損傷部位以外にも

フレームに問題がないか確認する。

 

丁番がグラついていないか、フレームの歪み、

傷の有無、『OOGA』特有の生地の貼り合わせに不具合が起きていないかなど。

IMG_0310[1]

全ての確認後、『Visio』のチーフと連絡を取って、

細かな確認をしたのち返送しました。
あ~また沢山使ってくれるといいな~。

 

今回は早めの対応できましたが、

修理内容によっては時間がかかる場合があります。

 

その時は『申し訳ないが、お待ちくだされ!』

連絡します~。

 

 

2016年6月6日 9:00 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketの眼鏡達

プラスチック枠の眼鏡を作る工程の中で

 

『泥磨き』と言われる工程がある。

 

これはプラスチック枠を細かな傷を磨いて落としたり

より滑らかに仕上げていく為の土台の工程なのだが、

 

その際に使われる『泥』はちょっと特殊で、

『房州粉 ぼうしゅうこ』

 

と言われる泥の研磨剤を使う。

 

これは房州地方いわゆる千葉県の南部で採られる『泥』らしい。

そんな遠方の泥をメガネの工程に使うとは、先人たちはよく発見したもんだ。

 

 

さて新型の1つ『TERERE』の『泥磨き』の工程が終わった。

IMG_0206[1]ここから『ガラ』という工程経て、

手磨きによって艶を出していく。

 

あ~良い物に仕上げていくよ。

2016年5月5日 11:26 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketの眼鏡達,製作日記