mement mori。

『失敗してもいいから、動いた方がいい。』

 

それが今の僕の意思決定の1つの基準になっている。

これまでの僕は確実性を重要視していて、石橋を何度も叩いて渡る男だったと思う。

 

だが以前書いたブログで故郷の友人が福井に遊びに来た時に、僕と友人の共通の感覚として

 

『僕らが色々やれる『時間』には限りがある。

その限りを最近、ふと意識する事がある。』というものがあった。

 

ここ数年で思考の変化があったと思う。

そして『メメント モリ (死を忘るなかれ。)』という言葉をどこかで、ふと聞いた。

それなら動いた方がいいと思った。

 

上手くいかないかもしれないし、途中で頓挫するかもしれないけど

僕のやりたかった事の『調査』と『申請』をしている。

 

とても小さな工房なので、資本が潤沢ではないし

その事を書けば「なんだ!そんな事か~。」と思うかもしれないが、

僕にとっては大した事だ。

 

とりあえず、動いてみよう。

 

2019年7月5日 11:24 PM  |  カテゴリー:メガネについて思う事,旅日記

父上がstudio skyrocketを掛けたいが鼻パットが上手くフィットせず

自分で手を加えて傷が入ってしまい、修理の依頼が来たというブログを書きました。

 

その日記はこちら。

 

 

今回はその後の話です~。

 

ブログの末尾では「納得いくまで付き合おう。」と書いてはいたが

 

正直にいえば父上の掛けたい!という想いが強い事と、

パットの位置を狭めたとして上手くいくのだろうか?

答えが見つかりにくい中での作業なので、気分は重かった。

 

 

そんな中『glass joy 02』の中村くんから「ブログを見たよ。」と連絡があった。

 

父上のフィッティングをした中村君の視点から

鼻幅をただ狭めるだけではなく、1mmほど下げた位置で鼻パットを設置した方がいい事。

重量バランスの観点から前枠を削ることが出来るなら、削いで軽くした方がいい事。

を伝えてくれた。

 

ついでに気分が重い事の話もした。

中村君の助言はよく、僕にとって天佑だった。

 

 

『松原蝶製作さん』がいい具合の厚みのパットを上げてくれた。

何度も貼り位置を修正して、「あ~ 多分これだな。」という場所で自分を納得させた。

 

傷も綺麗に直して発送した。

 

連絡がきて父上は納得してくれたようだ。

その3日後改めて装用感の確認をした。

 

全く問題ないとの事だ。

 

期待に応えられないかもという不安があったが

職人としていい経験をさせてもらったと思う。

 

まぁホッとしたよ。

 

さぁまた作るよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年6月24日 11:36 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事,私事

studio skyrocketの取り扱い店の『ミルヒト』が開店されたので

お店に伺う事と、『認定眼鏡士』の生涯教育の為に名古屋に向かった。

 

名古屋だぎゃ。

 

 

1本早いバスに乗ったので、
講義の時間まで磁器の博物館の『ノリタケの森』へ向かう。

初めて来たよ。

 

 


あ~お洒落ね。

 

 


あ~可愛いよ。

 

 


へ~。と磁器の作り方を学ぶ。

 

 

そしてミュージアムへ。

 

 

この後、衝撃を受ける。

 

 

なんじゃこりゃ!!

 

 


こりゃどえりゃ~だわ!!

 

 


目が飛び出してまうわっ!!

と、食い入るように観て『ノリタケの森』を後にした。

 

 

そして講義を受けに行く。


無事に講義も終わった。

 

 

『ミルヒト』へ伺う。

 

 


左から『lily optique』の大根君、『ミルヒト』の水谷君と、『キクチメガネ』の前田君。

 

 

『studio skyrocket』の一角も設けられてあった。

おぉ~すげぇ。

 

 

そして 「さぁ 飲みにいくか!!」と扉を開けたら

梅雨の明け間の空に虹が掛かっていた。

 

なんてステキなんだ!と思った。

この音楽がぴったりだと思った。

 

そんな旅でした。

さぁまた作ろう。

2019年6月14日 11:32 PM  |  カテゴリー:眼鏡店舗,メガネについて思う事,旅日記