点to点。

新型を削りまくった。

段々と形になってきた。

 

これまで自分のステキ!と思ったアイデアを製作に落とし込んできたが、

今の時期は市場にどう評価されるのか意識し始め不安になる。

 

まずは無事に仕上がってくれる事を優先するよ。

 

上記を受けて、

以前、小売店さんの方から

 

「丹下さんはよくデザインの仕事をしようと思いましたね。

私ならすぐにアイデアは枯渇する。」という話をされた。

 

「そうか。 枯渇か。。。」と僕は思った。

 

 

たぶん頭の中の既存の感性だけで、多くの発想をする事は

天才でない限り不可能だと思う。

 

 

ぼんやりとだが、僕はこう思う。

 

頭の中にある点(既存の感性)がある。

また別の部位にも新しく点を作れたとする。

 

その点と点が同期し始め、結ばれた時に

新しい発想が生まれる好機がある気がする。

 

なので、新しい点を作れたらいいのだと思う。

 

そして別の点を作る方法は、

多分『学ぶ』事なんだと思う。

 

確証はないが、そう思う。

 

 

だが『学ぶ』事は必ずしも新たなアイデアに繋がらない。

けれども点と点が結ばれた瞬間は、

 

 

「へぇ~! なるほど!!」とか

「あっ! そうゆう事だったのか!」という趣がある。

 

といっても僕の『学ぶ』は柿ピーを片手に

気が向いた時にやるだけの物だが、まぁいいのだ。

 

 

先日、素敵なお経を見つけた。

音楽と結ばれて新鮮だ。

 

さぁ明日も作るよ。

 

 

2018年6月21日 10:28 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

私はテレビや写真という物が非常に苦手でして。

 

写真ならまだ我慢出来ても

テレビに出る事は今後の人生で無いと思っておりました。

 

 

去年の暮れ、東京のテレビ局様から眼鏡協会を通して連絡があり、

『職人』としてインタビュー取材をしたいと依頼がありました。

 

番組の意向を聞いた後に、私では分不相応に感じた事と

どうしても拭えない苦手意識から断りました。

 

ただ『studio skyrocket』を少しでも知って貰える機会だったのにと、

後悔の念がありました。

 

 

後日、ディレクターの方から改めて連絡があり、やはり受ける事にしました。

 

それは、知人の

「やらずに後悔して死ぬより、やって後悔して死んだ方が僕はいい。」という

 

なんともペラペラで、どこかで聞いた事のある様な彼の言葉に、

「お~! そうか!!」と感化された事がきっかけです。

 

 

そして取材の日、

ガチガチに緊張していまいました。

 

ただスタッフさん達が柔和な方々だったので、なんとか撮影は終わりました。

恐らく私の出演時間は短いものだと思います。

 

でも、

確かにやって後悔した方が良いかもしれないと思いました。

2018年2月8日 11:23 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

展示会が閉幕してから半月が

経とうとしている。

 

会期中では色んな方の意見がある。

なので厳しい評価もあった。

 

特に初日の帰路、

「これまで作ってきたメガネは間違っていたのか?

 もっと売り易いメガネの方がいいのか?」と考えたりした。

 

 

少し時間が流れながら、

その時の思った事を自分なりに反芻をしたりする。

 

 

それでも今はやはり

自分の思うがままに作りたいと思う。

 

またデザインをし始めた。

あ~難しいよ。

 

2017年10月31日 11:21 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事,展示会