世界の歴史。2 メガネ編

前回『世界史』の事を書きましたが、

そのブログはこちら

 

番外編として『メガネの歴史』も書いておこうと思います。

 

ちと寸劇風です~。

 

約500年前、サンピエトロ大聖堂の前で

カトリック教会のローマ教皇のレオ10世は呟いていた。

 

レオ10世 「聖ペテロ様のお墓の上に建てたこの聖堂も、だいぶ痛んできたな。修復したいがお金がない!!」

 

部下A 「そうですね。 お金がございません。 教皇様如何なさいますか?」

 

レオ10世 「ん~ 困ったな。 罪を許し、天国へ導かれる『贖宥状(免罪符)』を販売して資金にするか!!」

 

 

そして贖宥状は神聖ローマ帝国で販売され始めた。

しかし現在のドイツ地方の神学者のマルティン・ルター教授がこれに異を唱えた。

 

 

部下A 「教皇様! 大変です! ルターという者が贖宥状はアカン!!と言って

大学内で叫んでおります!!」

 

レオ10世 「やめさせろや! なんとかせんか!!」

 

部下A 「教皇様、出来ません!!さらにルターの書いた本が帝国内に広まって、

我々カトリックに抵抗する者、プロテスタントとして広まってきております!!」

 

 

そして少し時間は流れ、カトリック教会の中から

イグナティウス・ロヨラという人が『イエズス会』を結成し、教皇にこう伝えた。

 

 

ロヨラ 「帝国やスイス、フランスにプロテスタントが増えてきております。

我がカトリックの教えををもっと広める為に、世界に出ていきます!!

そして遠い東に『ジパング』という島国がございます。」

 

教皇 「おぉ! ジパングか。 んで誰が行ってくれるのじゃ?」

 

ロヨラ 「フランシスコ・ザビエル君。 彼に行って貰おうと思います。」

 

続く。

 

 

2019年2月20日 9:10 PM  |  カテゴリー:メガネについて思う事,私事

今日は僕の妄想話です。

 

仕事柄、『マンセルの色立体』を見たりする事がある。

 

これは人間が感じとれる『色』を

『色あい』、『鮮やかさ』、『明るさ』の3要素を立体的に表現したものだ。

 

 

 

 

これを眺めてると、いつも「未完成の建築物の様だな。」と思う。

そして『バベルの塔』の様だとも思った。

 

『バベルの塔』の話は、

天まで届く塔を建てようとした時に、神の怒りを買い

それまで1つの言語を話していた人類は、言葉をバラバラにさせられ、塔の建設を断念し

通じる言葉があった者同士が集まり、世界に散っていく。

 

というような内容だったと思う。

 

そして思考は巡って

塔を、言語がバラバラにされる前に人は『色覚』に残したかったのだろうか

と、ふと考えたりした。

 

以前、『日曜美術館』で放送された

ブリューゲルの描いた『バベルの塔』を観て、

 

「ん~。 やっぱなんか似てるな~。」

と思った。

 

まぁいいや。

さぁまた作業に戻るよ。

2019年2月18日 9:08 PM  |  カテゴリー:私事

削っておるのですが、その作業をしながら

「分厚い。 あ~なんて分厚いのだ。」と思うのです。

 

そして今日は厚みのある生地を削るのは『時間』が掛かるという話です。

 

具体的に書けば、

切削量、面積が大きくなれば、その分刃物への負荷がかかってしまい、

12,000rpm(1分間の刃物の回転速度)の摩擦によって刃物が『熱』を持ちやすい。

 

そうなれば生地に悪さをしてしまう。

 

その為、1度の切削量を減らして仕上げまでに

3回の切削に分ける必要がある。

 

また刃物にエアーをあてて空冷しながらレンズ溝を削る。

 

そして1枚1枚チェックしながら進める。

 

 

あ~良いメガネに仕上がるといいなと思う。

2019年2月14日 5:49 PM  |  カテゴリー:製作日記