世界の歴史。2 メガネ編

前回『世界史』の事を書きましたが、

そのブログはこちら

 

番外編として『メガネの歴史』も書いておこうと思います。

 

ちと寸劇風です~。

 

約500年前、サンピエトロ大聖堂の前で

カトリック教会のローマ教皇のレオ10世は呟いていた。

 

レオ10世 「聖ペテロ様のお墓の上に建てたこの聖堂も、だいぶ痛んできたな。修復したいがお金がない!!」

 

部下A 「そうですね。 お金がございません。 教皇様如何なさいますか?」

 

レオ10世 「ん~ 困ったな。 罪を許し、天国へ導かれる『贖宥状(免罪符)』を販売して資金にするか!!」

 

 

そして贖宥状は神聖ローマ帝国で販売され始めた。

しかし現在のドイツ地方の神学者のマルティン・ルター教授がこれに異を唱えた。

 

 

部下A 「教皇様! 大変です! ルターという者が贖宥状はアカン!!と言って

大学内で叫んでおります!!」

 

レオ10世 「やめさせろや! なんとかせんか!!」

 

部下A 「教皇様、出来ません!!さらにルターの書いた本が帝国内に広まって、

我々カトリックに抵抗する者、プロテスタントとして広まってきております!!」

 

 

そして少し時間は流れ、カトリック教会の中から

イグナティウス・ロヨラという人が『イエズス会』を結成し、教皇にこう伝えた。

 

 

ロヨラ 「帝国やスイス、フランスにプロテスタントが増えてきております。

我がカトリックの教えををもっと広める為に、世界に出ていきます!!

そして遠い東に『ジパング』という島国がございます。」

 

教皇 「おぉ! ジパングか。 んで誰が行ってくれるのじゃ?」

 

ロヨラ 「フランシスコ・ザビエル君。 彼に行って貰おうと思います。」

 

続く。

 

 

2019年2月20日 9:10 PM  |  カテゴリー:メガネについて思う事,私事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です