阿弥陀浄土図 其の一。

2年前からずっと観たいと思っていた仏画があった。

 

その絵というのは奈良の『薬師寺』の『食堂(じきどう)』にある

『田渕俊夫先生』が描かれた、大きな壁画の『阿弥陀浄土図』で、

 

その想いは去年にも『完成したら。』という日記で少しだけ書いていた。

そのブログはこちら。

 

 

これまで、なかなか奈良まで行く事が叶わなかったが

『UQiYO』さんのツアーが近くで催されるとの事で、脚を延ばして行く事にした。

 

 

 

そして一人旅にでた。

 

 

あ~これが『シルクロード』の最終地点の奈良だ。

 

 

最初は仏像彫刻の『薬師三尊像』を拝観する。

 

如来様が座られてる台座に

『古代ギリシャの葡萄の葉の文様』、『ペルシャの蓮華文様』や

『インドの力神』、『中国の四方四神』のシルクロードを渡って影響を受けた物が彫られていた。

 

 

こんな遠くまでロマンだ。

 

建物も見学し、お~っ!!!と言いながら

 

 

『食堂』にある『阿弥陀浄土図』を拝観しにいった。

 

極彩色でいろどられている絵が

下に目線を移していくと、次第に色は薄くなり、

『白』と『線』だけで表現された浄土はただ美しかった。

 

 

更に奥には仏教がシルクロードを渡って伝来する様子の画が飾ってあり、
しばらくボ~っと眺めた。

 

観ることが出来て良かった。

 

 

そして梅の木を眺めて
西方へ行く事はロマンだなと思った。

 

 

夜の部へ続く。

 

2018年5月26日 7:54 PM  |  カテゴリー:私事,旅日記

昨日は1日中、新型『LO (ろ)』の試作を掛け続けていた。

 
毎回、新型の試作はするけれども

1日中掛け続けるというのはあまりない。

 
というもの装用感に不安があった為、自ら人体実験をしていた。

 
10時間後、、多分、、問題ないと結論した。。

 
けれども、どれだけこれを受け入れてくれる鼻があるのかと考え

なかなか不安がサヨナラしてくれなかった。

 

 

という訳で、一旦眼鏡からは完全に離脱して

工房前にある、秘密の花園の草をむしる事にした。

 

 

お~セダムもだいぶ増えてきたよ。

 


風の心地いいこの季節は好きだ。

パワーが漲ったらまた作ろう。

 

2018年5月6日 12:59 PM  |  カテゴリー:製作日記,私事

しばらくの間、灰色の空間に覆われて

雨のような音もなく、雪が蕭々と積み重ねられていった。

 

 

あ~この季節は苦手だ。

 

 

その雪もようやく溶け始め、体積も下がってきた。

育ててきた低木が折れているのを見つけた。

 

 

あ~。

ガッカリだ。

 

 

 

新型の製作も止まった。

 

はぁ。

 

 

月への探査船を作らなくてはいけないような難しい作業ではない、

手術のような人の生き死にを扱うような高尚な仕事でもない、

 

 

たかがメガネを作るだけだろう、

って思う。

 

 

低木は折れてはしまったが

根が生きていたら、何処かの節から

また芽は生える。

 

 

それを期待しながら

僕も進めよう。

 

2018年2月25日 10:59 PM  |  カテゴリー:製作日記,私事