黄と紫の隣に。

日中、空は光の弱い波の青の世界に包まれる。

 

夕方、太陽と地表の距離が遠くなり強い波の赤の世界が被う。

 

色は不思議な世界だ。白や黒は『色相』を持たないされている。

なので色あいを持つ『色相環』には組み込まれない。

 

 

この色相の環の中で対極の関係を『補色』という。

黄と紫が補色の関係だ。

 

これは私だけの感覚なのか分からないが

紫から見て補色の黄色の更にその先に白があって

反対に黄色から見て、紫のその先に黒の世界があるような気がする。

 

まぁどうでもいい話だ。

 

そろそろ秋の黄節だ。

 

 

 

 

この季節の色も嫌いじゃない。

 

さぁ作ろう。

2022年9月24日 8:48 PM  |  カテゴリー:メガネについて思う事,その他,花日記

鯖江の体験も終え、学校の授業も順調に進んでいった。

 

そしていよいよ就職をどうするのかという事になった。

学校が推薦状を出してくれる小売店の名が上がった。

 

鯖江に行きたい気持ちが強かったが、

学校の推薦どおりに東京の小売店へ就職することにした。

 

検眼等の必要な事は最低限修得し、SSS級認定眼鏡士の資格も取得し卒業をした。

 

ここからが私の苦悩の時代が始まった。

小売店の時代の事はあまり書きたくない。

 

上司から叱責され委縮し、それをバカにされ、また自信を失う。

酷い循環を繰り返した。

 

だから小売店時代の話はここでおしまい。

2022年9月13日 6:48 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketが形成されるまで

これまでの私の人生で黄色い声援を受けた事がない。

おそらく今後も無い。

 

だが、た~まにstudioskyrocketの熱狂的なファンがいる。

100%おじさんだ。

 

葛藤し馳駆しながら造っているので、物は良いはずだが

気に入ってくれるのはおじさんだ。

 

先日、千葉の『メガネのオダ』の店主さんから連絡があった。

「お客様が丹下さんのメガネがえらく気に入りましてね。 以下略』

 

そして写真が添えられてあった。

拝見したらおじさんだった。

 

 

応援の声は低く、野太い声ばかりだが

それを追い風に頑張って作っていきたい。

 

さぁ作ろう。

 

 

 

2022年9月9日 5:50 PM  |  カテゴリー:眼鏡店舗,ユーザー様 写真