形成18

小売店の時代は酷いものだったから次に進みたい。

 

自宅と職場の往復で滅入っていた私は

強くなりたいという気持ちからか、昔から好きだった格闘技のブラジリアン柔術の道場に入門してみる事にした。

 

大賀先生という世界を目指している方が教えてくれた。

華奢な身体から本当に世界を目指しているのか?という思いが最初はあったが

いざスパーリングをしてみると、何もさせてもらえずボコられた。

 

何より柔和な姿勢で接してくれた事と

分かり易く論理的に説明してくれた為に柔術の魅力にハマっていった。

 

この『柔術』が後の鯖江に移住した後で、私の助けとなる。

2022年12月6日 10:48 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketが形成されるまで

広島に本社があります『メガネの田中』の

シンガポールのオーチャード店にて取扱いが始まりました。

 

WEBはこちら

 

思い返せば7年前のIOFTで『メガネの田中』の松山店の店長さんが

私のブースに来てくれたのが始まりでした。

店長さん(以後 ちーさん)は「あまのじゃくな思春期。みたなメガネですね!!」と評されてスゴク気に入ってくれた。

松山店でも掛けてくれたり、商品部にも提案してみますとの事だったが取扱いまでにならなかった。

その後ちーさんは退職されたが、メガネを通じてやり取りは続いていた。

 

7年の時が経ち、

福井テレビさんの『地場産業をシンガポールで紹介する』という企画に応募し、採用された。

その旨をちーさんに伝えたら『メガネの田中』がシンガポールにあるから

催事の件を現地スタッフに伝えておきますと言われた。

 

そして催事期間中に私はサンプルを持って『メガネの田中』のオーチャード店に向かった。

田中さんという日本人スタッフに迎え入れてもらった。

笑顔がステキな方で、ほんと私のどうでもいい話を聞いてもらった。

 

じゃあ一緒に飲みにいきますか!となり『谷崎潤一郎』の話をして盛り上がって

バス停で別れる時は声がカラカラになった。

 

取扱って貰える事はあまり期待していなかった。

いい思い出になったなと帰国の途についた。

 

しばらくして、ちーさんから連絡があった。

「シンガポールの渡辺社長が丹下さんと会おうと思ってるそうです。」と

 

あらま~と思った。

そしてわざわざシンガポールから鯖江まで会いに来てくれた。

(私に会いに来る為だけではない)

 

ちーさんから渡辺社長のすごい経歴を教えてもらっていたので

ブイブイ言わして風を切って歩くような人だったビビるなと思っていたら

真逆で、気さくで話し易いお姉さんだった。

 

なので、また世間話をしていたら帰りのお迎えが来てしまった。

メガネをPRする時間は少なかった。

 

「あちゃ~~帰ってしまったぞ。。。」と思っていた。

 

そしたら、3日後位に注文が入った。

その瞬間「えーーー!!おぉっ!! おおー!!!!」と叫んでいた。

 

納品も無事完了し、先ほどstudioskyrocketが無事にシンガポールに着いたそうだ。

お土産に頂いたコーヒーをすすり

 

葉加瀬太郎を聴きながら、シンガポールで受け入れられる事を願っております。

 

シンガポールまた行きたいっす!

2022年12月3日 7:35 PM  |  カテゴリー:眼鏡店舗