オンライン販売について。

studio skyrocketのメガネをこれまでインターネット上での販売はしていませんでした。

そこには理由がありました。取扱い店様にもそれを承知して頂いて販売して頂いてきました。

 

4月からの新型肺炎の影響で外出自粛が要請されて、

全国のメガネの小売店様への来店が減少している事は承知しています。

 

また巣籠り消費が活性化されてインターネット上での電子取引のEコマースの

需要が上がっていることも承知しています。

 

このような厳しい環境の中で販売機会を増やす為にネット販売を許可しても

良いのではないかと悩んでおりました。

 

しばらく勘案し、現在でも考えていますが

現時点ではインターネットでの販売はしない。という考えです。

 

厳しい環境の中でも、メガネ店は『密』にならないように『予約制』を導入したり、

お客様が手に取られた商品を元の位置に戻さず、一度洗浄をしてから陳列に戻すなどの工夫をしています。

 

積極的に眼鏡店へ伺ってくださいとは言えない状況ですが

お客様の来店時に出来るだけ安心して頂けるよう努力しているお店があります。

 

 

 

厳しい環境ですが、僕はステキなメガネを作りたいと思います。

 

さぁ 明日も作ろう。

 

 

2020年5月19日 11:07 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

7年前の1月に工房を構え船出をした。

平坦では無かったが小さな木造の帆船のような規模でも、作り続けて来られた。

 

2020年の1月の航行中、遠くにあったと思っていた雲は忽ち大きな嵐となって頭上を蔽い

帆船は猛った海に翻弄されるかもしれない。

 

少し時間を遡る事が出来たとして、

メガネに魅せられた20年前の二十歳の丹下くんが海岸に居て、岸から2020年の今の僕を見たらきっと

「お~!すげぇ!! 大変だけど自分の眼鏡作れるようになったんだな!!」と言うと思う。

 

だから絶対に沈めてはいけない。そんな心構えだ。

 

 

そんな中パッと横を向いたら、もう一隻の嵐の中を走ってる帆船を見つけた。

 

glass joy 02の中村君だ。

中村君は冷静に客観的な見方を出来るので、通信をしたく連絡をとってみた。

プルルル~ プルルル~。

 

受話器の向こう側に、嵐の中でもこの微笑みの安心感があるのですな。

そして色々な話をした。

 

目指してる島は違うが、同じ航海術を持っているので

お互い何がこの状況下で出来るかを話した。

 

嵐の中でのこの微笑みは癒しですな。

「そうだな。 お互いに出せる能力を使おう。」と話した。

 

afterコロナ、withコロナ、postコロナと消極的な情報が流れてきて辟易する中、中村くんと話せてよかった。

 

将来を僕が予測する事はたぶん意味がなく

今は僕に出来るメガネの事に熱中すればいい思う。

 

荒れる中でも、とりあえず好きな音楽を聴きながら帆を立てて作ろう。

2020年4月25日 11:00 PM  |  カテゴリー:製作日記,眼鏡店舗

メガネ店の多くは休業や時間短縮をして営業をするなど厳しい状況に

置かれている事は承知している。

 

鯖江の産業も同じで海外、国内の展示会が中止となり厳しい環境は同じだ。

見えない波に飲まれて、これからどうなっていくのだろうかと不安に思っていた。

 

数日前に秋田のmelveさんから連絡がきて

「DAI」をご指名のお客様が来られているのですが在庫はありますか?と問い合わせが来た。

工房には在庫が無かったので、LILY OPTIQUEさんの在庫を送ってもらった。

 

週末には半田のメガネクラフトさんから

studio skyrocketをご指名で来られてるのですが『SWEEPER』の在庫はありますか?と連絡がきた。

在庫していたので発送した。

 

今日は直接ユーザー様から『DAI』を購入したい旨のメールが届いた。

お客様へは直接販売をしてない事を伝えて、鯖江の浪漫堂さんに在庫があったので

店主の小棹さんに対応をお願いして購入して頂いた。

 

こんな時に。。と少し思ったが

それよりも、こんな時でも購入したいと思ってくれる方がいる事が嬉しかった。

 

今夜は枕が湿ってしまいそうです。

これ糧に超絶にカッチョええおっさん用メガネを作ろうと思う。

 

さぁ 起きたらまた作ろう。

 

 

 

 

 

 

2020年4月21日 11:27 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketの眼鏡達,製作日記,展示会