もっとも、扱うのが難しい色。

色にはそれぞれ個性があって、

 

『色あい』、『明るさ』、『鮮やかさ』の

3つの要素で色はそれぞれ細かく分類分けされていく。

 

 

『赤』、『緑』、『青』、『黄』などを決める

『色あい』の中で、

もっとも扱うのが難しい色は、

 

 

 

 

僕は、 『紫』

 

 

 

だと思う。

 

 

 

 

 

色の要素として、

弱くて、儚い紫色は、

他の色と合わせる事がとても難しい。

 

 

できるなら、単色の方が良いと思う。

 

 

 

う~ん。紫を上手く表現したい。

 

2015年2月5日 12:09 AM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です