鼻あて

MEGATON!の再生産で、

鼻あてをゴリゴリとヤスリで削る作業をしていた。

 

この鼻あてを『削り出し』で製作する工程は、

 

 

生地から鼻あての形に、刃物で大まかに形を削って、

その後はヤスリで形を細かく作っていき、

バフなどで、さらに滑らかにしていく。

 

 

こんな見えない部分に手間をかけて、

生産するメーカーさんも少なくなってきた。

P1020449

 

 

表向きのデザインだけでない

気づかれにくい部分に拘る。

 

これを『粋』だと思っている。

 

 

自己満足かもしれないが、

手間を掛けただけの事はあって

仕上がりはとても美しい物だ。

 

 

削り終わって

『お~!美しいじゃね~か!!』

と自賛していた。

2015年3月11日 10:50 PM  |  カテゴリー:製作日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です