引張荷重耐久試験の結果

先日、光学機器検査協会に試験依頼をしていた

3枚のサンプル枠の、

 

『引張荷重耐久試験』

 

の結果が上がってきた。

P1020488これは、眼鏡フレームがどれほどの強度があるのかを

測定するもので、

 

フレームを測定器の中で徐々に

引っ張っていき、どこまでの力で破断するのかという試験。

 

 

今回新型は生地に特殊な加工をしているので、

その強度が僕の納得できる物であるのかを知りたかったし、

 

それに、studio skyrocketを掛けて頂く方、小売店様に

実際の数値で、

 

『この加工は、ここまでの負荷に耐えられます。』

 

と説明できるようにしておきたかった。

 

 

 

結果は、

 

 

個体差は殆どなく、

破断点は400ニュートンを超えていた。

僕の想定していた倍以上の数値だよ。

 

久々の吉報だ。

これでイケるわ。

 

2015年4月13日 9:20 PM  |  カテゴリー:製作日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です