バトンタッチ

以前のブログで、(内容はこちら)

『鼻あて』を一枚の板から削り出せないかと書いた。

 

 

枠にカーブを入れるプレス加工は目途がついた。

P1020925

右側の板が『DEEP HALF』で使用した通常の厚みで、

左側が試作の厚み。

 

職人さんは、よく曲げてくれたよ。

 

 

ここからは僕の工房にバトンタッチになる。

ただ、これだけの物だと、ここでも加工の壁が出てくる。

 

 

刃物でメガネの形に削る際に、

これまで通りのやり方で、この厚みの生地を削ると

刃物に負荷がかかり過ぎて、上手く削れない。

 

 

なので、刃物への負荷を減らす事を考えなくてはいけない。

 

 

削るスピードをより遅くするや、

1回の削る量を減らして、回数を刻んで仕上げていく。

 

 

手間をかける。

 

 

仕上がりまで

気長にお待ちください~。

 

 

 

 

 

 

2015年12月23日 10:32 PM  |  カテゴリー:製作日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です