2つの選択

studio skyrocketは、これまでテンプル(耳にかけるツル)に

芯金を入れる方法を、

 

「芯張り」

 

という技術だけで行ってきた。

むしろ、そこに拘りを持って製作していた。

 

今回の新型の1つ「BIG FOOT」では、

テンプルの『表現』の可能性を考えて、試作を行ってきた。

P1020952

「芯張り」ではテンプルに

『熱』をかけて、『圧力』でじっくり押さえていかなければならない。

 

それが原因で、『表現』の部分が大きく崩れてしまう。

これは幾度か芯張り屋さんとも相談しテストをしたが、

どうしても素材上難しいという判断となった。

 

 

なので2つのどちらかの選択をしなくてはいけない。

・『芯張り』を諦めて、芯金を入れる方法を変更するか、

・『芯張り』に拘って、デザインを変更するか。

 

眼鏡造りは思うようには行かないもんだ。

まぁ気長にお待ちください~。

 

 

 

 

 

 

 

2016年3月2日 11:57 PM  |  カテゴリー:製作日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です