インタビュー。

私はテレビや写真という物が非常に苦手でして。

 

写真ならまだ我慢出来ても

テレビに出る事は今後の人生で無いと思っておりました。

 

 

去年の暮れ、東京のテレビ局様から眼鏡協会を通して連絡があり、

『職人』としてインタビュー取材をしたいと依頼がありました。

 

番組の意向を聞いた後に、私では分不相応に感じた事と

どうしても拭えない苦手意識から断りました。

 

ただ『studio skyrocket』を少しでも知って貰える機会だったのにと、

後悔の念がありました。

 

 

後日、ディレクターの方から改めて連絡があり、やはり受ける事にしました。

 

それは、知人の

「やらずに後悔して死ぬより、やって後悔して死んだ方が僕はいい。」という

 

なんともペラペラで、どこかで聞いた事のある様な彼の言葉に、

「お~! そうか!!」と感化された事がきっかけです。

 

 

そして取材の日、

ガチガチに緊張していまいました。

 

ただスタッフさん達が柔和な方々だったので、なんとか撮影は終わりました。

恐らく私の出演時間は短いものだと思います。

 

でも、

確かにやって後悔した方が良いかもしれないと思いました。

2018年2月8日 11:23 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です