丹下のおっさん。

止まった新型の製作上の問題解決を模索していて、

頭から煙が出始めていた。

 

 

この問題に専念したい中、

頼りにしていた職人さんが廃業される旨の連絡がきた。

 

あ~心が折れそうだ。

 

 

そんな中、熊本県の取扱店である『Visio』の倉原チーフから

メールが届いた。

 

 

先日、お客様が来店され

『SWEEPER』を購入されて、喜んでくれた事が綴られていた。

 

 

こういう事を知れるのは安心するというか、少しでも+の心持ちになる。

 

 

そしたら心の中の、折れそうな音の隣で

僕の中の、もう一人の丹下のおっさんが叫んでいた。

 

 

名言を叫んでいた。

 

 

あ~作ろう。

パンチのある眼鏡を作ろう。

 

2018年3月14日 11:01 PM  |  カテゴリー:製作日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です