工場見学。

一応メガネ職人の端くれなので、様々な知識は持っている。

ただ、神様ではないので『メガネ』の全て知り尽くしている訳ではない。

 

先日、鯖江で懇親会があり、『丁番』を製作する会社の社長と話をさせて頂く機会を得た。

その際、丁番の事をよく知りたいので工場見学をお願いしたら、快諾してくれた。

 

 

という訳で独りで工場見学に行ってきました。

 

 

『studio skyrocket』の丁番を製作してくれている『ヨシダ工業』さん 。

 

 


帽子を準備されて、案内開始。

 

 


はい、その通りです。

 

 

製作現場へ到着。

 

 

丁番のはじめは『異型線』と言って、

大まかな丁番の形をしたワイヤー状の物だ。

(この異型線は前枠に埋め込むタイプ)

 

 

そこから指定サイズにカットしたり、

傾斜を付けたり、様々な工程を経て丁番は完成していく。

 

ちなみに『studio skyrocket』の丁番の埋め込まれている部分には

特別な加工を施してある。

生地に埋め込まれてしまい視認は難しいが拘った部位だ。

 

その工程をアナログな手法で加工してくれている事を知った。

 

 

あ~すごいな~。

 

色々勉強になって良かった。

さぁ また作ろう。

2018年8月27日 8:44 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です