始め。と一族の話し。2

そして父上が『丹下』のルーツについて話始めました。

 

前回のブログはこちら

 

少しばかり前から父上が『丹下』の先祖を遡り、

調べている事は聞いておりました。

 

先祖は、『伊予国』の『温泉郡』と言われる場所、

現在の『愛媛県』は『松山市』に住んでおり、

 

『郷士』(平時は農業に従事、有事はお侍さんとして戦に赴く)

をしていた事まで分かったそうです。

 

そして松山には『丹下』の人達が現在でも住んでいて、

本家の人は『大丹下さん』と呼ばれている事まで教えてくれました。

 

話を聞いた後、

松山には僕に似た顔の『丹下さん』がテコテコ歩いてるのかと想像するに

あ~会いに行ってみたいなと思いました。

 

そして鯖江に帰ってきて、手作りぜんざいを食らいながら

 

温泉郡の丹下さん達が、遠く離れた鯖江で作った僕の眼鏡を掛けて

闊歩してくれたら、それは浪漫のある事だな。と思いました。

 

 

さぁ まだ見ぬ『丹下さん』の為にまた作るか。

 

2019年1月9日 11:07 PM  |  カテゴリー:私事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です