令和はきっと治世。

平成という時代を見送って、令和の御代が始まった。

新しい『時代』に移ったという実感はまだ少ない。

 

ちょうど改元の日に実家に帰省した。

兄上と再会した。

 

いい感じのぽにゃ~としたオヤジになっていた。

あぁ やはり『時間』は移っているのだなと思った。

 

最近、時間は限られてるのだとよく思う。

 

話しは少しそれるが、

『丹下』の『丹』には『純粋な まごころ』という意味がある。

そして『下』は『~の下(もと)で』などで使われる。

 

 

限りがあるなら、丹心の下で想うがままにメガネを作りたい。

 

 さぁ また新型を作るよ。

2019年5月10日 8:28 PM  |  カテゴリー:製作日記,メガネについて思う事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です