オヤジ殿がstudio skyrocketを掛けたい。

正月に丹下家一族と再会した際、兄上がMEGATON!を掛けてるのを見て

父上が「俺もMEGATON!掛ける!!」と言った。

 

その時のブログはこちら

 

その際に掛けた鼻幅が緩かったので、狭めた形状のパットに取り換えて実家へ送った。

フィッティングとレンズは大府のグラスジョイ02の中村君に頼んだ。

 

検眼をした中村君から顔幅をさらに広げる事と、

鼻パットの角度修正依頼が来た。

 

中村君と相談しながら

鼻パットは接着面積等の問題からギリギリまで詰めて、顔幅も機械で修正し再送した。

 

レンズ度数はバッチリだった。

だがこの後、改めて認識した事だが父上は鼻梁が極端に細い。

数週間経ってギリギリまで詰めたけれども使用しているとやはり下がると言われた。

 

これ以上狭められないので、

さらに上から貼れるシリコンパットを送って様子を見てもらった。

 

そして数日前「フレームに傷がついてしまった!!!直るか?」と連絡が来た。

 

MEGATON!が返ってきてフレームを確認した。

シリコンパットが改造してあった。

素人が手を加えたので、フレームに沢山傷がついていた。

 

それをみて、

あ~本当にこのメガネを掛けたいのだなと思った。

 

なのでパット屋さんの『松原蝶製作』さんに相談しに行った。

通常では作らない厚いパットを5ペアだけ特別に注文した。

少ない数でも対応してくれる『松原蝶製作』さんは最高だ。

 

次でバシッと決まるかは分らない。

けれども納得いくまで付き合いたいと思う。

 

分厚いパットが入荷するまで

また新型を作るよ。

2019年6月4日 10:58 PM  |  カテゴリー:製作日記,私事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です