ガックリ

次作に向けて動いていて

 

マツケリ社のデットストックの生地を

工夫して、色の表現をしたいのだけれど

 

 

生地の加工メーカーさんに依頼していた生地が上がってきて

生地屋さんの営業さんから

 

「こんなもんにしかなりません」

 

と言われ

これでは全然だめ

P1010671

なので、加工担当者さんに直接、話をしてきました

 

何故出来ないのか?

コストなのか?技術的な問題なのか?

 

「溶剤」、「圧力」の関係で難しいようです

 

 

『はい そうですか 仕方ありませんね』

 

とはとても言わず、

そこを何とかして欲しい事と、

それだけでは駄目なので自分なりの代替え案、良い物を作りたいんですと

伝えました

 

ん~難しい

 

2013年11月6日 12:43 AM  |  カテゴリー:製作日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です