形成 11。

今日はstudio skyrocketが形成されるまでのお話です。

 

前回のお話はこちら。

 

キクチ眼鏡学校での勉強が本格的に始めり、徐々に『眼の構造』や『検眼』の知識は増えていった。

そして勉学が進んでいく中、ある問題があった。

 

眼鏡学校は眼の関するあらゆる事を学ぶ場であり

望んでいたメガネフレームの『デザイン』の描き方、『設計』してからの具現化の方法が分からないままだった。

 

そんな中、通学を地下鉄の『高岳駅』から『金山駅』までを利用していたのだが

節約の為と、せっかく名古屋を走るのなら自走した方がいいとの考えから

『高岳』~『金山』の間をケッタ(自転車)通学に替えた。

 

 

次第に毎日同じ道を往復するのはつまらないと思った。

時間がある時は帰り道を変えて探検しながら帰ったりしていた。

 

そしてある喫茶店と出くわした。

お店の壁面にはデザインの本、建築の本、工芸品の本が飾られてあった。

 

興味がてら喫茶店に入ってみた。

注文した飲み物を飲みながら壁の本を眺めていた。

 

年輩の店主の方が

「よかったら手に取って見て頂いてもいいですよ。」と話しかけてくれたと思う。

 

時間が昔の事なのでハッキリと覚えていないが

「メガネのデザインがしたいのですが、どうやってデザインしたらいいのか分からないのです。」と伝えていたと思う。

 

そこで店主の方は、お店の2階まで僕を案内してくれた。

そこには沢山の本が並べてあって、手描きのデッサンの本や

精緻な三面図の本を見せてくれた。

 

そして店主の方は

「どんな些細な発想でも流してはいけません。 紙に描いて保存しておきなさい。」と教えてくれた。

 

 

なので『アイデア帳』を作る事にした。

 

 

この助言は僕にとって大きいものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月26日 11:19 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketが形成されるまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です