OKBという男。

世界は大変な中だけども、またメガネとは全く関係がない事だが書こうと思う。

 

僕の行動原理に『誰かの為に』などの利他の精神は低いかもしれない。

基本は『自分本位』なのだと思う。

 

子供の頃から利他の精神を第一に唱える大人に違和感を抱いていた。

 

僕はブラジリアン柔術というスポーツをしているが

福井県に引っ越してきた十数年前にはブラジリアン柔術をやれる環境が無かった。

仕方なく柔術サークルを作る事にした。

 

サークルを始めて1年後の春に『OKB』という男が入会してきた。

OKBは以前は東京で働いており充実した生活だったようだが

家業を継ぐため帰省したとの事だった。

 

いざ帰省したものの、お料理教室に通ってみたり地元に溶け込もうと試みてみたが

結局は馴染めずに家にいる事が多かったようだ。

 

僕はこの馴染めない話をOKBから100回は聞かされた。

ちなみに写真の素っ頓狂な男がOKBだ。

 

OKBはことのほか柔術にはまったらしく足繁く練習に通ってくれた。

そして数か月後OKBは人生初となる大会に出ると言った。

 

僕はセコンドとして応援にいく事にした。

 

試合の様子は10年も前の事なのでうる覚えだが

OKBはブログでこう綴ってくれていた。

 

肯定される文を読んで自分本位で柔術サークルを始めたけど

誰かの為になったんだなと思った。

 

合コン編へ つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年4月3日 12:30 AM  |  カテゴリー:私事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です