2隻の船。

7年前の1月に工房を構え船出をした。

平坦では無かったが小さな木造の帆船のような規模でも、作り続けて来られた。

 

2020年の1月の航行中、遠くにあったと思っていた雲は忽ち大きな嵐となって頭上を蔽い

帆船は猛った海に翻弄されるかもしれない。

 

少し時間を遡る事が出来たとして、

メガネに魅せられた20年前の二十歳の丹下くんが海岸に居て、岸から2020年の今の僕を見たらきっと

「お~!すげぇ!! 大変だけど自分の眼鏡作れるようになったんだな!!」と言うと思う。

 

だから絶対に沈めてはいけない。そんな心構えだ。

 

 

そんな中パッと横を向いたら、もう一隻の嵐の中を走ってる帆船を見つけた。

 

glass joy 02の中村君だ。

中村君は冷静に客観的な見方を出来るので、通信をしたく連絡をとってみた。

プルルル~ プルルル~。

 

受話器の向こう側に、嵐の中でもこの微笑みの安心感があるのですな。

そして色々な話をした。

 

目指してる島は違うが、同じ航海術を持っているので

お互い何がこの状況下で出来るかを話した。

 

嵐の中でのこの微笑みは癒しですな。

「そうだな。 お互いに出せる能力を使おう。」と話した。

 

afterコロナ、withコロナ、postコロナと消極的な情報が流れてきて辟易する中、中村くんと話せてよかった。

 

将来を僕が予測する事はたぶん意味がなく

今は僕に出来るメガネの事に熱中すればいい思う。

 

荒れる中でも、とりあえず好きな音楽を聴きながら帆を立てて作ろう。

2020年4月25日 11:00 PM  |  カテゴリー:製作日記,眼鏡店舗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です