天人五衰。

三島由紀夫の最後の小説『豊饒の海 (第四巻・天人五衰)』を読み終えました。

 

第一巻の『春の雪』と、第二巻の『奔馬』

第参巻の『暁の寺』を読んだ感想はこちら。

 

全巻を通し輪廻を見届けてきて80歳を迎える『本多繁邦』と、

4度目の転生を迎えたと思われる青年『安永透』とが出逢い、養子として迎え入れ

2人は一緒に暮らし始めるも、次第に透の悪辣な性格からこれまで輪廻転生を繰り返してきた『魂(アートマン)』とは

全く違う魂だと本多は気付き、贋者とされた透は破滅へ向かっていきます。

首尾の間、互いの内面を口語体で描かれており、読み易かったと思います。

 

物語の終盤に本多が出会うはずだった清顕の転生の『魂(アートマン)』に想いを馳せる文章があり、

 

【転生の出会いは星辰の運行の中で僅かな誤差を生じ、

広大な宇宙の中で別々の方角へ導かせ、

本多が生涯を費やした3つの世代の転身が、本多の生の運行に添うて煌めいた後、

忽ち光芒をひいて、本多の知らぬ天空の1角へ飛び去った。

その何百番目、何万回目、何億回目かの転身に本多はどこかで再会するかもしれない。】

という文は印象的で何度か読み返しました。

 

そして死期を迎える本多が

 

 

第一巻で出家した綾倉聡子へ会いに行き。

 

これまでの清顕の輪廻の経緯を伝えますが、

無常で以外な言葉が返ってきます。

 

その返答から

1巻の情熱的な清顕と聡子の悲恋は何だったのか?

2巻の青年の絶対的な忠義は?

3巻の若さへの渇望は?

そして僕が第1巻を読み始めた認識は真実だったのか?と思わされてしまいました。

 

世界は『物質』によって組成されている『唯物論』ではなく

『認識』によって組成されている『唯識論』に最後は収束された小説でした。

 

父上は「この小説が最も美しい文学だ。」と言って渡してくれました。

僕も美しい文学だと思います。

 

そしてこの物語には『色』が走っている様に感じます。

 

『坂本龍一』の『forbidden colors』が合うと思いますので

最後の曲として添えておきます。

 

 

2020年11月20日 7:22 PM  |  カテゴリー:その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です