形成 13。

今回はstudio skyrocketが形成されるまでの話です~。

 

前回の話はこちら。

 

はじめは馴れず厳しいが学費の為だと思っていた高原バイトだったが、順応し始めた。

 

1つの山を裸にしろと言われた草刈りミッションだが

元々独りで黙々と作業する事が好きな僕には向いてのかもしれない。

 

最初は刈った草をトラックの荷台の半分も運べず「絶対に夏休みの間に終わらんぞっ!」と思っていたが

次第にコツを掴み始め、荷台に運べる量も次第に増え始め、夏の終わりまでに山を全裸にする事が目標になっていた。

 

 

そして『動物』のしもべだと思っていた事も、毎朝餌を与えたり掃除をしていたら

ある朝、厩舎に入っていくと僕にそばに来てスリスリしてくるポニーがいた。

 

そこから話しかけるようになり『しもべ』から『友人』になった。

 

 

また寮は電球しか点灯しなかったが、本棚があった。

歴代のバイトさん達が『本』を残してくれていた。

 

仕事の後ベットに寝ころがってその本達を読み始めた。

この自分の時間が貴重だと思った。

 

与えられた休日でも携帯を使って必要以上に誰かと連絡する事はなく

松本市まで出かけて本を買ってきて寮で読んだ。

 

 

そして一か月も過ぎた頃には髭も髪もボサボサな男になって山に適応した。

 

これは今でも忘れられない体験なのだが、

仕事終わりの夜に自転車を借りて長い距離のあるコンビニまで買い出しにいった。

 

帰り道にキャンプ場までは街灯はなく暗闇の世界だった事に気付く。

ふと眼前を見たら山々の稜線から上には星があった。

 

「あっ!」と思い自転車のライトを消して頭上を見上げたら、満天の星空があった。

あまりの凄さに「ヒョーっ!! ヒョーっ!!!」と叫びながら立ち漕ぎしながらキャンプ場まで帰った事はいい思い出だ。

 

後で知った事だが野辺山高原には国立の天文台もある位なのでとても美しい夏空が見れる。

 

なので帰る事を拒みたい気持ちの中だったが8月の終わりにオーナーからバイトの終わりを告げられた。

目標だった山もすべて全て刈り終えた。

 

「あぁ そうだ。 メガネの勉強をするんだ。」と思った。

2020年2月3日 11:37 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketが形成されるまで

今日はstudio skyrocketが形成されるまでのお話です。

 

前回のお話はこちら。

 

眼鏡学校に通う上で1つ困った事があった。

 

それは『学費』だ。

母上からは「大学まで出したのだから、それ以上学びたいのであれば自分で何とかしろ。」と言われていた。

 

1年目の学費は大学4回生の1年をかけてバイトして貯めた。

2年目の学費が問題だった。

 

なので眼鏡学校の夏休みを利用して長野県の野辺山高原にあるキャンプ場で住込みのバイトをして貯める事にした。

 

最初は入道雲を眺めて、木漏れ日を感じながら高原の涼しい夏をエンジョイしながら

お金を貯めるという淡い期待を持って長野県へ向かった。

 

だが現実はそんなに甘くなかった。

 

まず与えられたミッションはキャンプ場の山に生えている草刈りだ。

オーナーからこの夏の間に1つの山を裸にしろと言われた。

 

1日中『草』と対峙する生活になった。

 

もう一つは朝はキャンプ場にいるポニーと馬の日課である散歩と餌やり、糞の処理を課せられた。

 

朝は『動物』のしもべになった。

 

また住込みで提供された寮には携帯電話の電波が届いてなかった。

誰とも連絡は取れなくなった。

 

テレビは無く、水道、ガスも供給されておらず、電気だけは通っており電球だけは点灯した。

 

コンビニも歩いて行ったら1時間はかかった。

娯楽はなく完全に世俗と隔離されたと思った。

 

 

1週間後に母上と電話が通じた。

現状を話したら同情してくれるかもかと思ったが

「お前 途中で帰ってきたらコロスよ。」と言われた。

 

働くしかなかった。

中でも救いだった事はオーナーの娘さんが

えらく美人で、仕事始めと終わりに見れば癒されてた事だったと思う。

 

つづく。

 

 

 

 

 

2020年1月30日 11:50 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketが形成されるまで

今日はstudio skyrocketが形成されるまでのお話です。

 

前回のお話はこちら。

 

キクチ眼鏡学校での勉強が本格的に始めり、徐々に『眼の構造』や『検眼』の知識は増えていった。

そして勉学が進んでいく中、ある問題があった。

 

眼鏡学校は眼の関するあらゆる事を学ぶ場であり

望んでいたメガネフレームの『デザイン』の描き方、『設計』してからの具現化の方法が分からないままだった。

 

そんな中、通学を地下鉄の『高岳駅』から『金山駅』までを利用していたのだが

節約の為と、せっかく名古屋を走るのなら自走した方がいいとの考えから

『高岳』~『金山』の間をケッタ(自転車)通学に替えた。

 

 

次第に毎日同じ道を往復するのはつまらないと思った。

時間がある時は帰り道を変えて探検しながら帰ったりしていた。

 

そしてある喫茶店と出くわした。

お店の壁面にはデザインの本、建築の本、工芸品の本が飾られてあった。

 

興味がてら喫茶店に入ってみた。

注文した飲み物を飲みながら壁の本を眺めていた。

 

年輩の店主の方が

「よかったら手に取って見て頂いてもいいですよ。」と話しかけてくれたと思う。

 

時間が昔の事なのでハッキリと覚えていないが

「メガネのデザインがしたいのですが、どうやってデザインしたらいいのか分からないのです。」と伝えていたと思う。

 

そこで店主の方は、お店の2階まで僕を案内してくれた。

そこには沢山の本が並べてあって、手描きのデッサンの本や

精緻な三面図の本を見せてくれた。

 

そして店主の方は

「どんな些細な発想でも流してはいけません。 紙に描いて保存しておきなさい。」と教えてくれた。

 

 

なので『アイデア帳』を作る事にした。

 

 

この助言は僕にとって大きいものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月26日 11:19 PM  |  カテゴリー:studioskyrocketが形成されるまで